ヤマズストアー/USDMjam blog

ヤマズストアーの出来事

NRGチャレンジ

今週末はいよいよレッキンミートです

レッキンミート様のご協力により参加車を対象にNRGチャレンジと言う企画をしております
僭越ながら当店NRGJAPANマスターディーラーとして エントリー車よりNRG商品装着車に対して1台アワードを差し上げたいと思います

アメリカよりプラーク(楯)も用意してます
NRGユーザーの方はPRお願いします

aha007.jpg
スポンサーサイト
  1. 2017/07/10(月) 15:56:10|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

休業のお知らせ Wreckin’Meet

FaceBookのWreckin’meet様のページで当店が紹介されまてます
ココ→Wreckin'Meet
日程は 7月16日 IOXーAROSA (富山) 東海北陸道からのアクセスもいいところです

このイベントに合わせて 商材を仕入れに 6月23日~7月8日の間臨時休業頂きます 
何卒ご了承ください

通販は9日から発送になります
 aha17155912_1299915606742555_2106818999892250298_n.jpg
  1. 2017/06/22(木) 13:27:31|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NRG SHORT HUB VW Type1

空冷VW アメリカでも街中では今でも見ることがあります

日本でもまだまだFANは多いようです
そんな空冷VW用のショートハブがNRGより出ております
aha$_57 (2)

クイックリリースステアリングハブ またエクステンドハブなどと合わせてご利用ください ステアリング側はMOMOピッチです
ステアリングホイールを直に付けると ホーンブタンがナットに閊えますので その場合はスペーサーをご利用ください
aha003_20170620160734651.jpg

NRG SRK185H 15800円(税別)

  1. 2017/06/20(火) 16:20:40|
  2. NRG ステアリングホイール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MeganEacing RearLower Bars

ホンダ車のアメリカでの足回りの充実っぷりは相変わらずで そこが魅力でシビック インテグラを選ばれる方も多いかと思います
カリカリの足回りのホンダ車の後ろについて アナダイズドやポリッシュのキラキラした物みせたれたら 羨ましい事でしょう 

そこで他車種でも流用できそうな MEganRacingのREAR LOWER BARを検証してみましょう
Rear Lower Barは 左右のリアロアーアーム間を繋いで補強するパーツです
これら紹介するMeganRacingの物はターンバックル式で多少の長さは調整出来ます
嘗てスポコン時代はDCSPORTSなど沢山のメーカーがこのスタイルの物を出してましたが 現在マトモなメーカーで知る限りではMeganRacingだけです。

設定の無い車種で多少の工作覚悟の上付けてみようと思う方は参考にしてください
aha004_201706081911195e3.jpg
上部より                  バーの長さ ボルト穴間 最少寸法
EF EGシビック DC DB DAインテグラ  50CM    63CM        6000円 税別
BA8/9 BB1~4 プレリュード        45cm     57cm          9000円 税別
96-00EKシビック                39cm     52cm         6000円 税別
CB/CDアコード                  34.5cm      47cm       9000円 税別
01-05 CIVIC RSX                  25cm         39cm    6000円 税別


アジャスト範囲は この写真で判断してください この部分は各バー 共通のようです
aha003_201706081911330c0.jpg

実例として 過去にB13 サニーに付けた事があります 

cemi008_20170608193348834.jpg
お試しください。
  1. 2017/06/08(木) 19:35:19|
  2. MeganRacing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

k-tuned super Lowサスペンション 廃版

御贔屓頂いてた K-tunedのスーパーロー コイルオーバーKITが廃版になりました

生足信仰の日本ではズバリの商品だったのですか カナダ アメリカでは それほども人気が無く コイルオーバーはタイムアタック出来るレース用の方が人気やったようです

欧米ではスラムドサスペンションはスピードバンプなど車高短には優しくない道路の為か、エアサスの方が圧倒的に重要が多く 生足だから”偉い”と言う信仰(笑)は無いようです。。。。 
文化 環境の違いですね
SNSで欧米人が日本のイベントの入退場シーンをUPしてるのも彼らには滑稽に見えるのでしょうか? 汗
別に貧乏だからエアサスが組めないのは無く みなさんエアサス以上に足回りに金掛かってるですがね。。
aha013.jpg
右 K2トラック 左K1スーパーロー
  1. 2017/05/30(火) 11:34:05|
  2. K-tuned
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ