ヤマズストアー/USDMjam blog

ヤマズストアーの出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

軽量ラグナット。

アルミラグナットについて 少々・・・・
DSC_0049_10.jpgNRG LN800MC

うちもBLOX NRG PASSWORD:JDM SKUNK2なんかを輸入させてもらってる訳ですが・・・

元々アルミレーシングラグナットは日本の走り屋で流行った物でした。
走り屋と言っても 走らない走り屋風(要はドレスアップ)が好んで付けて、当時はなんか格好悪い感じでした 爆

その後、アメリカのJDMの連中が付け出し、今やアメリカブランドの物も出てきて、今に至ってる訳です。
(アメリカで見るとかっこよく見える !笑)

昨今のJDM HellaFlushブームで多種多用な物を沢山の方が好んで付けていらしゃいますが、形から入って流行ると出てくるのが事故。

嘗てのローライダーブームの時代 日本中で宙を舞ったデイトンホイールのように 二の舞にならないようにしっかり注意事項は把握していただきたいです。

まず、アルミラグナットは消耗品だと言う事。
国産 輸入に係らず 殆どのアルミラグナットはAL7075って素材を使用してます。
7075アルミは超ジュラルミンとも呼ばれ 住友金属が開発した 強いアルミニュームの事だそうです

(私くし工業系学校を出たわけではないので上手く説明出来ませんが・・・汗)

なのでジュラルミンナットと表記する商品も有るわけですね。
よって航空 船舶 鉄道も使用する素材で信頼があるわけですが、時間が経つと、金属疲労を起こす物でもあるわけです。
航空 船舶等は、定期的に全点検で交換してると思うので問題ないのですが 
車の場合は付けっぱなしが殆どでしょう。

事故は様々の要因があって事故が起こるわけですが アルミラグナットを使用してて、サーキットでホイル飛ばしてる人は大体 スペーサーと何かが原因だったりしてます。(スペーサーって歪むんですよ)

ナットの掛かりが浅かったり 古いナットで金属疲労してたり。脱着を頻繁にしててねじ山が緩くなったりとか・・・

ハードコアに攻めてない人はリスクは少ないと思いでしょうが。。。

実は、鬼キャン/フェンダーツライチも立派にリスクが高いのです。
こちらもスペーサー入れてる人が殆どだと思うし。底突きに近いサスペンション、またホイルが明後日向いてるので力が一点に集中してかかる。等・・・

ん~危険です。

対策としては スペーサー無しの寸法を出した鍛造ホイール、ロングスタッドハブボルト、適正なアライメント
ストロークのあるサスペンション、少しでもリスクを減らしてください。

金属疲労の目安としては アナダイズドの色が抜けて来たくらいが替え時ではないでしょうか?


因みに紫外線で色落ちしないアナダイズド(アルマイト)は有りません。アナダイズドの特性です。
アナダイズドはアルミを腐食から守るコーティングです。色は「おまけ」みたいなもんです

あと必ずトルクレンチで締める事 緩すぎもダメですが締めすぎもダメです。

スタッドボルトはARPやBLOXから出てます。
DSC_0138_10.jpg
ARP クロモリロングスタッドボルト用

wheelstuds-set-500x500_10.jpg
BLOX ロングスタッドボルト ホンダ用

DSC_0136_10.jpg
アメリカでもよく見るように、貫通ナットはスタッドボルトの先が少し見えるような付き方がかっこいいですね。

最も危ないのは素材の不明な中国の偽物ですけどね。。。
スポンサーサイト
  1. 2012/07/06(金) 15:21:02|
  2. NRG LUGNUTS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今年もK-DAY開催です | ホーム | NRG Eブレーキハンドル(サイドブレーキレバー)の紹介>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamazstore.blog130.fc2.com/tb.php/55-1ad59d10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。